画像

夢見て行こうぜ~\(^o^)/
グラグラスパーリー in 京都~♪
5/16 19時ぐらいから
ガラス作家の高臣大介さんをお招きして
gla_glaグラスで飲み食べ放題イベント開催決定です。
お気に入りのgla_glaグラスを
お持ちくださいませ。
ご参加表明は、Facebookから
コメント、メッセージを入れてくださいね。
みなさんでいろんな満月作りましょう~!!
らん布袋にも、
gla_glaさんのグラスを
いくつかご用意させて頂ききますが、
もしご希望のグラスがおありの場合は
事前にお知らせくださいませ。

画像

お月さまが好きなので
自宅用に購入したのですが
いつの間にかfriday nightのグラスになりました。
お酒を注いで下から覗くと
まるで満月のよう。
赤ワイン、白ワイン、スパークリング
日本酒、洋酒どのお酒をそそいでも
素敵な満月になります。
偶然にも今夜はfriday night!
今宵は何色になるのかしら??

画像

ある日、ランディー先生が
私の使う「満月グラス」より
小ぶりのグラスが欲しいと突然のリクエスト。
はてさて、何故にと思っていました。
「これ、いいじゃん!!」
なんと
ランディー先生が使うと
ぐいのみグラスが蓋置に変身!
茶道の見立ては
本来のものとは、違う使い方をする
とても素敵な発想なのです。
和蝋燭の灯りに照らされたグラスは
お茶席で、とても優美に輝いていました。
でも、なぜ
灯りがともっているのに
柄杓は無事だったのでしょう。。。
ご参加いただいた方も
不思議に思ったのではないでしょうか。

画像

数年前から、お店で使える剣山を探していましたが
最近は、なかなか売っているところもなく
ましてや、素敵に作られているものなんて
目にすることはありませんでしたが
昨年夏、らん布袋から歩いて行ける距離の
ギャラリー「紅椿それいゆ」さんからご案内いただいた
あるフライヤーに目が止まりました。
「花止め」といわれる作品は
私が探し求めていたもの
そのものでした。
偶然にも、お店の定休日にOne day レッスンが
開催されるとのこと。
雨がしとしと降る中、
わくわくドキドキ気分で
お邪魔させていただき
花止めの使い方などを作品を制作されている
高臣 大介さん直々に教えていただきました。
彼の作品は、花止めに限らず
あらゆるものをガラスで制作されていて
その作品たちに一目惚れしてしまい。。。
この度、gla_glaさんの作品を
取り扱いをさせていただくことりなりました。
今、カフェで購入可能な商品たち。
燃える男はロック!
花止め 小 
花止め 中
満月のグラス
キラリ☆丸Gm
月儀
らん布袋のガラス棚でキラキラと輝いています。
商品をお手に取ってご覧頂くこともできますので
お気軽にスタッフに声をかけてくださいね。
北海道在住のガラス作家「高臣 大介」さんの作品は
2013年 サッポロクラシックCMで
ご覧になられた方も多いかと思います。
下記は、「gla_gla」さんのサイトです。
http://www.mimizu.net/gla_gla/
最後になりましたが
このご縁のきっかけを作ってくださった
「紅椿それいゆ」の村山さん
ありがとうございました。
下記は、「紅椿それいゆ」さんのサイトです。
http://www.benitsubaki-soleil.jp
今後、ひとつひとつ作品を撮影する予定ですが
gla_glaさんのサイトでは
北海道の自然たちとともに佇んでいる作品を
ゆっくりご覧頂けます。