落語は命の恩人

画像

当店の落語会、寄席にほぼ毎回欠かさずご参加して下さる方が
何組がいらっしゃるのですが
その中の一組の方とゆっくりお話しする機会があり
どうして落語がお好きなのかという話題に・・・
答えは私が想像もしないものでした。
バリバリの営業マンで一日の睡眠時間が2~3時間という日が続き
携帯電話は昼夜構わず鳴る毎日
夜中でも電話が鳴ると現場に行く日々でした。
体力的には大丈夫だと思っていても
心はだんだん疲れていき
ある日突然、うつ状態、パニック障害に。
家から出れず、仕事にも行けず
何もできない状態になりました。
そんな状態を救ったのが
笑う事、落語だったのです。
テレビで落語を聞くのが精一杯だったのが
落語会に行ってみたい
生で聞いてみたいという気持ちになり
ひとりでは外出出来ないので
家族と一緒に寄席に行き
落語を聞いて笑う事で
少しずつ自分を取り戻していったのです。
今でも、完治してはいらっしゃらないのですが
落語は命の恩人だとおっしゃってました。
笑う事は、体にいい、がん細胞をやっつけたり
若返りの秘訣だと耳にする事はよくありますが
体験談を聞いたのは初めてでした。
ご家族の方も、元気になっていく姿を見て
今までは忙しくて一緒に過ごす事も出来なくて
こんなことになってしまい
本当にどうなるかと思ったけど
同じ時間を共有し、笑い
楽しめるなんて夢みたいですと。
なので、これからも続けて下さいと。
誰かが誰かの元気の素です。

画像